プラレール博2017in金沢!前売り券の販売期限と当日券との違い 予算も総チェック!

プラレール博2017金沢

北陸初開催となる『プラレール博2017in金沢』

前売り券の販売が始まり、イベントが近付いてきているのを感じますね!

さてそんな中、今回が「プラレール博デビュー」だという方は、こんなことが気になりませんか?

「前売り券はいつまで販売しているの?」
「前売り券と当日券の違いは?」
「イベントを100%楽しむための予算はいくらぐらい?」

せっかくのプラレール博を楽しむために!チケットや予算について予習しておきましょう!

スポンサーリンク

プラレール博in金沢の前売り券には「販売期限」アリ!

カレンダー

プラレール博2017in金沢の前売り券には、「販売期限」があります。この期限を過ぎると前売り券は入手できませんので注意してくださいね!

さて、その肝心の販売期限ですが、次のようになります。

前売り券の販売期間

2016年12月16日(金)~2017年3月16日(木)

イベントの初日が2017年3月17日(金)ですので、その前日が前売り券を入手できる期限となります。3月17日以降は当日券のみの取り扱いとなります。

映画の前売りチケットと同じしくみですね。

次の章でも詳しくお伝えしますが、前売り券は当日券と比べて200円安く買えます。

もう行くことが決まっている!という方は、前売り券は早めにゲットしておいた方がいいですね。

前売り券と当日券は何が違うの?

プラレール博2017in金沢の前売り券と当日券の違いは、「値段」「販売期間」「購入場所」です。受けられるサービスに違いはありません。

分かりやすいように、違いを表にまとめてみました↓

  前売り券 当日券
値段
  • 大人(中学生以上)700円 
  • 子供(3歳~小学生)500円 
  • 2歳以下は無料

※値段は税込み

  • 大人(中学生以上)900円
  • 子供(3歳~小学生)700円
  • 2歳以下は無料

※値段は税込み

販売期間 2016年12月16日(金)~2017年3月16日(木) 2017年3月17日(金)~3月26日(日)
購入できる場所
  • ファミリーマート内端末「Famiポート」
  • セブンイレブン内「マルチコピー機」
  • ローソン・ミニストップ内端末「Loppi(ロッピー)」
  • サークルKサンクス内端末「Kステーション」
  • 平和堂北陸各店
  • アピタ松任ティオ
  • ディスクファン小松店
  • 石川県立音楽堂チケットボックス
  • 大和(富山・高岡・香林坊)
  • パレット
  • パトリア
 

  • ファミリーマート内端末「Famiポート」
  • セブンイレブン内「マルチコピー機」
  • ローソン・ミニストップ内端末「Loppi(ロッピー)」
  • サークルKサンクス内端末「Kステーション」
  • イベント当日の会場(石川県産業会館1号館)
購入特典

 北陸新幹線はやぶさ中間車プレゼント
※チケット購入1枚につき1台

 北陸新幹線はやぶさ中間車プレゼント
※チケット購入1枚につき1台

前売り券・当日券共に、購入1枚ごとに特典がもらえます。(当日、入場する際にスタッフさんからもらえます)↓

はやぶさ中間車

2歳以下のお子さんはチケット代が無料のかわりに、この特典が付きません。大人の分をあげてくださいね。

なお、会場となる石川県産業会館1号館での当日券の販売は、イベントがおこなわれる日のみとなります。

プラレール博in金沢開催日は3月17日(金)~20日(日)/3月24日(金)~26日(日)
※3月21日(月)~23日(木)はお休み

前売り券と当日券、どちらもコンビニで購入するのが一番手っ取り早いですね。

スポンサーリンク

有料アトラクションにグッズ・・・プラレール博in金沢を楽しむための総予算は!?

プラレール

プラレール博を100%楽しむためには、入場料(前売り券・当日券)のほかに、次のような予算も考えておくのがベストです。

  1. 有料アトラクション代
  2. 昼食代
  3. グッズ代
  4. 交通費

それぞれ詳しくお話していきますね。

1回平均500~600円!有料アトラクション代

会場内には「有料アトラクション」がいくつもあります。

家族写真入りのオリジナルプラレールを作れるコーナーや、プラレールの車両を釣りざおで釣る「プラレール釣り」などです。

これら有料アトラクションを楽しむには、会場内のチケットブースで「プレイチケット」を購入することになります。

分かりやすく例えると、チケット制の遊園地みたいなイメージです。このアトラクションにはチケット2枚、そっちのアトラクションには5枚、みたいな感じ。

プレイチケットは1枚100円で購入できます。バラ売り以外にも、11枚つづりで1000円のものもあります。

有料アトラクションは、1回につき平均で5~6枚のチケットが必要です。(1人当たり5~6枚)そして、混雑で行列になることや、お子さんの体力を考えると、回れるアトラクションは3つくらいです。

このことから、お子さん一人当たり、15枚くらい(1500円分)のプレイチケットが必要と考えておきましょう!

忘れちゃならない昼食代

プラレール博in金沢の開場時間は、9:30~16:30です。(3月19日のみ10:30開場)

午前中に入場してイベントを楽しむには、お昼ごはんの用意も欠かせません。

会場内には、軽食が食べられるコーナー「プラレールカフェ」が設置される予定です。(離乳食は置いていません。赤ちゃんを連れて行く際は、食べられるものを持参しましょう)

このプラレールカフェは、お昼時には混雑が予想されます。

チケットを見せれば再入場ができるので、混雑を避けてゆっくりお昼を食べたいという方は、いったん外へ出て近くの飲食店を利用するといいですね。

お昼の予算は一人1000円くらいを考えておきましょう。

「会場限定」に子供は釘付け!グッズ代

プラレール博in金沢の会場内には、グッズ販売コーナーが設けられます。

そこでの目玉は「イベント記念商品」です。

普段おもちゃ屋さんではお目にかかれない、ブルーのスケルトンの南海ラピートの車両や、真っ赤な東京メトロ丸の内線の車両が販売されます。

もちろん、その他の定番プラレール商品もズラリと並びます。

そんな圧巻のプラレールラインナップを目にした子供たち、欲しくないわけがありません。笑

グッズ代はお子さん一人当たり、少なくとも2000~3000円はみておきましょう!

公共交通機関を使って来る人は交通費も

プラレール博in金沢の会場となる石川県産業会館1号館は、駐車場が無料で利用できます。

おそらく、ほとんどの家族連れが車で来場すると考えられますが、電車やバスを利用する際はその費用も予算に加えておきましょう。

プラレール博in金沢の会場「石川県産業会館1号館」に公共交通機関で来る場合の費用
(金沢駅~会場まで)

  • 北鉄バス「済生会病院行き」乗車→「西武緑地公園」下車
    【片道運賃】1人350円(幼児180円)
  • タクシー
    【片道運賃】約2000円

大人2人、子供2人の4人家族での予算を計算!

家族

ここまで紹介してきた費用を、お父さん・お母さん・小学生・3歳児の4人家族をモデルにして総予算の計算をしてみます。

入場料(前売り券)

700円×大人2人+500円×子供2人=2400円

有料アトラクション代

1500円×子供2人=3000円 ※大人2人はしないと仮定

昼食代

1000円×4人=4000円

グッズ代

3000円×子供2人=6000円 

総予算(入場料+有料アトラクション代+昼食代+グッズ代)

15400円 

※交通費を除く
※家族全員当日券を購入した場合は+800円の16200円

プラレール博in金沢を100%楽しむためには、これくらいの予算をみておくといいですね!試算となりますが、どうぞ参考にしてください。

まとめ

プラレール

北陸初開催の『プラレール博in金沢』の詳細は、次の通りです。

【開催期間・時間】

  • 2017年3月17日(金)~3月20日(月・祝日) 3月24日(金)~3月26日(日)
    ※21日~23日はお休み
  • 9:30~16:30(ただし、19日のみ10:30開場)

【場所】

石川県産業展示館1号館
〒920-0361 石川県金沢市袋畠町南193

【料金】

  • 大人(中学生以上)前売り券700円 当日券900円
  • 子供(3歳~小学生)前売り券500円 当日券700円
  • 各有料アトラクションは、会場内で購入するチケット制(1枚100円/11枚つづり1000円)

プラレール好きにとっては夢の空間!!

楽しい思い出を作れるように、チケットや予算についてもしっかり抑えておきましょう!

もしかしたら会場内ではお父さんもテンションが上がってしまうかもしれません。予算管理はお母さん、よろしくお願いしますね!

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

>>プラレール博2017金沢!混雑状況やトイレ・授乳室、食事情報まとめ!

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする