「クリスマスに七面鳥」はウソ!その理由と真実

ターキー

クリスマスの定番ディナーと言えば、日本ではローストチキンですよね。

丸鶏を一羽丸々使った見た目も華やかな料理は、クリスマスの雰囲気を盛り上げてくれます。

さて、日本ではローストされるのはチキンですが、クリスマスの本場アメリカではローストターキー、つまり「七面鳥」ですね。

ここで一つの疑問。どうして七面鳥をクリスマスに食べるようになったのか不思議じゃありませんか?

クリスマス料理として七面鳥が食べられるようになった理由を探っていくと、実は意外な事実がありました!


スポンサーリンク




アメリカではクリスマスの時に七面鳥を食べない!?

NY

クリスマスの本場のアメリカでは、食卓に大きな大きな七面鳥のローストが並ぶんだろうな・・・。やっぱり外国は食べ物のスケールが大きいな・・・。

・・・というのは、実は私たち日本人の「想像」です。

アメリカでは、クリスマスディナーに七面鳥を食べる家庭はごくわずか。クリスマスディナーのメインはもっぱら焼いたハムやローストビーフなのです。

その証拠に、Googleの検索キーワードのデータを見てみましょう。

検索結果

七面鳥(turkey)と検索されるのは、11月末がピーク。クリスマスの時期にも検索はされますが、11月末に比べるとわずかなものですね。

11月末に七面鳥を食べる理由

感謝祭

アメリカではクリスマスに七面鳥を食べる家庭は少ない。衝撃的な事実が分かりましたね!

では、最も食べられている11月末には、一体アメリカで何があるというのでしょう?

アメリカで七面鳥が最も食べられる11月末。それは「感謝祭」に当たる時期です。

アメリカでは毎年、11月の第4木曜日に感謝祭がおこなわれます。国民の休日として定められており、国を挙げて大きくお祝いする日なのです。

感謝祭は、その昔、イギリスからアメリカ本土に渡ってきたキリスト教信徒と、先住民のインディアンとの間に生まれた交流から始まった行事です。

イギリスから信徒が渡ってきた年の冬は、寒さが厳しく、食料が底をつき犠牲者が出る悲惨なものでした。

そんな移住の民を救ってくれたのが、先住民のインディアン。アメリカの地で生き抜くために、作物の作り方や冬の越し方などを教えてくれたのでした。

インディアンたちのお陰で、作物が十分に収穫できるようになった移民たち。

感謝の気持ちを込めて、インディアンたちを宴の席に招待し、3日に及ぶおもてなしをおこないます。その際テーブルに並べられた料理の一つに、七面鳥があったというわけです。

これが由来となり、アメリカでは「感謝祭=七面鳥を食べる日」という定番が出来上がりました。


スポンサーリンク




「クリスマス=七面鳥を食べる日」のイメージが出来上がった理由

では、日本人の多くが持っている「アメリカではクリスマスに七面鳥を食べている」というイメージは、どんな理由から生まれたのでしょう?

筆者も正直なところ、「クリスマスディナーと言えば本場では七面鳥」と思っていたので気になります!

早速調べてみると・・・

あの某有名ファーストフードチェーンの戦略だった!

ケンタッキー

そもそも日本でクリスマスディナーの習慣が根付き始めたのは、「クリスマスにはチキンを食べよう」とキャンペーンをしたケンタッキー・フライド・チキンの影響です。

時は1970年代。

大阪万博が開かれ、欧米の食文化やライフスタイルが「憧れ」としてもてはやされた時代でした。

それに目を付けたケンタッキーが、

「本場アメリカでは(感謝祭の時に)七面鳥を食べます。日本ではそのスタイルを習ってチキンを食べよう!」

と大々的に打ち出し、今も続くヒット戦略となったのです。

ケンタッキー側は、アメリカで七面鳥を食べるのは感謝祭の時と紹介しました。(控えめに)

それがいつの間にか、私たち消費者側で「アメリカではクリスマスに七面鳥を食べるらしい」というイメージにすり替わっていったのです。

「クリスマス料理は七面鳥のロースト」と言われる理由は、ここにあります。

まとめ

クリスマスに七面鳥。

本場アメリカでは、実は食べられていません。七面鳥が食べられるのは11月末の感謝祭の時期です。

それが企業の打ち出しをきっかけに、まるで伝言ゲームのように少しずつ内容がずれ、「クリスマスの本場料理=七面鳥」のイメージとして日本に定着したのはおもしろいですね!

えっ!そうなの?

と肩透かしを食らった方もいるかもしれませんが、七面鳥もチキンも命あるもの。

どちらを食べるにしても、家族みんなで感謝の心を持っていただきたいものですね!

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

>>鳥の丸焼きのカロリーを解明!ヘルシーなのはチキン?それとも・・・

>>ローストチキンの日持ちは〇日!お腹を壊さず食べるためのポイント

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする