カカオの知られざる効果!便秘スッキリを助ける4つのカカオ食品

カカオ

高カカオチョコレートに、乳酸菌入りのチョコ。

最近、チョコレートと健康効果を結び付けた商品がたくさん販売されていますね!

ひと昔前は、チョコレートと言えば虫歯や肥満になる「健康に良くないお菓子」の代表格でしたが、時代は変わるものです。

さて、チョコレートに含まれるカカオには、何やら「便秘改善効果」があると耳にしました。それって本当??

チョコレート販売会社の新しい宣伝手法なのではないかと疑った筆者(笑)!

早速、カカオに便秘を改善する効果が本当にあるのかどうか探ってみました!

スポンサーリンク

便秘改善に効果があると言われるカカオが含む2つの成分

カカオ

カカオが便秘改善に効果があると言われているのは、次の2つの成分を含んでいるからでした!

  1. カカオプロテイン
  2. リグニン

それぞれどんな成分なのか、詳しくお話しますね。

カカオプロテインとは?

「プロテイン」とは、日本語に訳すと「たんぱく質」のことですね。

カカオに含まれているたんぱく質のカカオプロテインは、小腸で吸収されない「難消化性」という特徴があります。

小腸で吸収されないということは、そのまま大腸まで送られるということです。そのため、便のかさを増やすことができ、便通がよくなると言われています。

リグニンとは?

リグニンとは、食物繊維のひとつです。カカオには、このリグニンがたくさん含まれています。

食物繊維と言えば、便秘改善にもってこいの成分!

もちろんリグニンもその効果を発揮してくれます。水に溶けにくい性質を生かして大腸まで届き、大腸では水分を吸収します。

つまり、便に水分を含ませて出しやすくしてくれるということですね!

またリグニンには、腸の動きを活発にするために腸壁を刺激するという働きもあります。

カカオプロテインとリグニン。

カカオに含まれるこの2つの成分が、便秘に悩む人にスッキリをもたらしてくれる効果があるのです。

ちなみに、お菓子メーカーの明治と帝京大学が協力しておこなった「高カカオチョコレートを使った便秘改善の実験」では、こんな結果が出たようです。

週に4回以下しか排便しない人31人を対象に、半分(16人)は高カカオチョコレートを毎日25gずつ、2週間食べてもらい、もう半分(15人)はホワイトチョコレートを毎日25gずつ、2週間食べて生活してもらった。

その結果、高カカオチョコレートを摂った方が排便の回数と便の量が多くなり、便の色も良好だった。

このような実験結果が出ているとなると、カカオの便秘改善効果はなあなどれないですね・・・。もちろん個人差はあるでしょうが。

・・・ということは、便秘改善のためにカカオを摂るなら、カカオがなるべくたくさん含まれている食品を摂る方が効果を感じやすいといえるでしょうね。

スポンサーリンク

カカオが多く含まれている食品4つと、食べる量・食べるタイミング

チョコ

カカオの便秘改善を期待するなら、なるべく多くカカオが入っている食べ物を摂るほうがいいです。

ただし正直言って、カカオがたくさん含まれている食品ほど、苦い!!

甘いチョコレートは、砂糖と乳脂肪分などが手助けしてくれるからこそあの味なのです。おやつで食べるようなミルクチョコレートを、便秘改善のアイテムとして食べる感覚ではありません。

まずはこのことを覚えておいてくださいね!

それでは、カカオが多く含まれている食品4つと、その食べる量やタイミングについてお話していきますね!

①カカオパウダー

 

カカオパウダーとは、カカオ豆を細かく砕いて粉状にしたものです。

ココアパウダーと似ていますが、ココアパウダーはカカオ豆を高温でローストしてから粉状にするのに対し、カカオパウダーはカカオ豆を低温処理し、粉砕します。

なので、栄養の損失が最小限になります。

砂糖などは入っておらず、濃い茶色でサラサラの粉状のもので、最近ではテレビなどで「スーパーフード」として注目されています。

カカオそのもののため、甘味は一切ありません。なので、食べやすくするには、飲み物や料理・デザートに混ぜて摂るのがおすすめです。

温かい牛乳と混ぜてホットココアとして。カレーに隠し味として混ぜて。バニラアイスクリームにかけてもいいですね。

1日で食べる量の目安は、ティースプーン1~2杯くらいです。

カカオにはカフェインが含まれているので、カフェインに敏感な人はなるべく午前中のうちに食べるようにしましょう!

②カカオニブ

 

聞き慣れない名前の食べ物ですが、カカオニブとは、カカオ豆から皮と胚芽を取り除いて粗く砕いたものです。

先に紹介したカカオパウダーの粒を荒くしたものです。

カカオパウダーと同じくカカオそのものなので、砂糖などは添加されていません。

そのまま口にポイっと入れて食べることもできますが、高カカオチョコレートのような苦い味がします。

初めて挑戦する人は、シリアルに混ぜて食べるのが一番口当たりがいいでしょう。

1日に食べる量の目安はティースプーン1杯程度。

カカオニブも当然カフェインを含みます。朝食にシリアルとして食べるのがちょうどいいタイミングですね。

③高カカオチョコレート

高カカオチョコレート

カカオが多く含まれている食べ物の中で、一番身近にあるのが「高カカオチョコレート」です。スーパーやコンビニでもおなじみの品になってきましたね!

パッケージに書かれている70%や90%といったパーセンテージが、カカオが含まれている量をあらわしています。

パーセンテージの低いチョコレートの方が、砂糖や乳脂肪分を入れて味を調整しているので苦味が抑えられ食べやすいです。

ただし、「お菓子」という感覚でたくさん食べてしまうと、うっかりカロリーや脂質を摂り過ぎてしまいます。

1日の目安量は、25gくらい。市販の高カカオチョコレートがひとかけら5gくらいですので、1日5かけらが望ましいですね。

④純ココア

純ココア

スーパーの製菓用品コーナーでお目にかかれる「純ココア」これは、ココアパウダーのことですね。

砂糖やミルクが一切入っていない、100%のココアです。なので、もちろん苦い!

手軽に摂るなら、ティースプーン1杯の純ココアを温かい牛乳や豆乳と混ぜてホットココアに。口当たりがまろやかになります。

ビーフシチューの煮込み中に1さじ加えると、コクがアップしますよ!

純ココアの1日の目安量も、ティースプーン1~2杯です。毎朝とお茶の時間にココアとして飲むのが続けやすいですね。

  1. カカオパウダー
  2. カカオニブ
  3. 高カカオチョコレート
  4. 純ココア

いずれもカフェインが含まれているため、毎日少しずつ摂るのが基本です。

そして、便秘を改善するならば、普段の食事や運動も見直してくださいね。

何か一つの食材を食べれば体調が劇的に良くなる!なんてうまい話はありません。(それはテレビの演出の世界です)

カカオの成分が便秘改善に効果があるのは確かかもしれませんが、その成分を身体の中でうまく使えるかは私たちの体調次第。

過去に食べてきたもので今の体調は決まります。

カカオに注目すると同時に、一番身近な朝ごはん・昼ごはん・晩ごはんを見直してみることも必要です!

まとめ

便秘

  • カカオが便秘改善に効果があると言われているのは、便のかさや水分量を増やす「カカオプロテイン」「リグニン」という成分が入っているから!
  • カカオを多く含む食材は「カカオパウダー」「カカオニブ」「高カカオチョコレート」「純ココア」
  • カカオを多く含む食材はカフェインが入っているため、食べる時間はなるべく午前中がおすすめ!妊婦さんは控えてね!
  • 便秘改善には、カカオの力だけでなく普段の食事や運動も大事!

香ばしいかおりでココロもほっとさせてくれるカカオ。

「苦い」という特徴はありますが、ホットドリンクや料理、シリアルに混ぜるなどして気軽に食べることができます。

最近お腹がスッキリしないんだよね~と感じてきたのならば、試してみる価値はアリですね。

こちらの記事もあわせてどうぞ!↓

>>チョコレートの食べ過ぎで招く病気や症状!適量を食べる目安も紹介!

>>カカオ製品にはやっぱり入ってる?カフェイン成分量とその目安のお話

>>カカオポリフェノールの効果は美肌や認知症予防にも?摂り過ぎのリスクもあり!

<今回参考にしたもの>

チョコレートの基本 著者: エイ出版社
体の中からキレイになるコールドプレスジュース 著者: 金丸絵里加
森永ミルクココアレシピ71 お料理にも大活躍 著者: 森崎繭香、森永製菓株式会社
不節制なのに、なぜか「健康な人」の習慣 著者: 石原結實
生涯恋愛現役 女のセンシュアル・エイジング入門 著者: 岩本麻奈
Hanako特別編集 ハイカカオBOOK 著者: マガジンハウス
スーパーフード事典 BEST50: 栄養素、効能、おいしい食べ方がわかる
珈琲ぴあ 著者: ぴあレジャーMOOKS編集部 

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする