【七五三】女の子の着物に必要なものを元着物販売員がお答えします!

七五三 女の子 着物 必要なもの

「女の子の七五三には、記念に着物を着せよう!」と考えているパパやママは多いですね。

でも着物って、普段着慣れないもの。
一体着物姿が完成するのに、何がどれだけ必要なの!?と疑問に思いませんか?

そこで今回は、元着物販売員である筆者が、七五三で女の子が着る着物に必要なものをリストアップし、それぞれについて分かりやすく解説していきます!


スポンサーリンク




3歳の女の子の着物に必要なものは?

まずは、3歳の女の子の着物についてお話ししますね。

3歳の女の子が着る七五三の着物には、「被布コートスタイル」と「結び帯スタイル」の2種類があります。

それぞれについて必要なものが違ってくるので、次のリストを参考にしてください。

被布コートスタイルに必要な10アイテム

3歳の七五三ならではの、ベストを着たようないでたちがかわいらしい被布コートスタイル。

この着物姿を完成させるには、次の10のアイテムが必要です。

3歳の女の子 七五三 着物

5c158cf9f13344336d57ea1f2a6a09bb_s

①着物

「被布コートセット」として、販売されたりレンタルされたりしています。2歳~4歳ぐらいまでの女の子の身体にあったサイズ(三つ身)の着物です。
お宮参りの時に着た「初着(うぶぎ)」を仕立て直して七五三用にすることができます。

②長じゅばん

お宮参りの時に着た「初着(うぶぎ)」を仕立て直して七五三用にする場合に必要です。(洗える素材のポリエステルでOK!)
「被布コートセット」として、セットで借りたり購入したりした場合は、大抵中身に含まれています。

③半襟

長じゅばんの襟につける布です。飾りと汚れ防止のために使います。
3歳用のものを選ぶと、柄がちょうどいい場所に出ます。
なくても差し支えありません。
④被布コート 中綿が入ったベストのようなものです。
これを上に着せることで、着物に固い帯を結ばなくてもよくなります。着付けが簡単になるのでお子さんも楽です。
⑤ぞうり 鼻緒に綿が入っていて、やわらかくクッション性のあるものがおすすめです。足へのフィット感は、きつすぎず、緩すぎずがベスト。
⑥巾着袋 飾りのために持ちます。なくても大丈夫です。
⑦髪飾り 着物の柄の色と合わせると、コーディネートがまとまります。大ぶりのものでも着物ならバランスが取れます。
⑧足袋 伸び縮みするソックスタイプがおすすめ。
基本的には白ですが、オシャレさを求めるならば、えんじ色やからし色など、他の色でも大丈夫。柄物はカジュアルすぎるのでおすすめしません。
⑨肌襦袢 綿素材の着物用の下着です。呉服屋さんやデパートの着物売り場に売っています。綿のキャミソール&スパッツでも代用可!(首元のつまった肌着は、着物の襟もとから見えるので×)
⑩こども兵児帯 子供が着る浴衣につける、フワフワの帯です。呉服屋さんやデパートの着物売り場に売っています。
被布コートスタイルは、固い帯を締めない代わりにこの兵児帯を使います。

※着付けをお願いする美容室によっては、「腰ひも」が必要な場合があります。あらかじめ確認しておくと安心です!

着付けの小物

 結び帯スタイルに必要な15アイテム

着物と帯の両方が、目に鮮やかな結び帯スタイル。
着物姿と言えば、このイメージを思い浮かべる人も多いでしょう。

3歳の女の子が結び帯スタイルで着物を着る場合は、次の13のアイテムが必要です。

七五三 3歳 着物

3歳の女の子 七五三 着物

着付けの小物

①着物 2歳~4歳ぐらいまでの女の子の身体にあったサイズ(三つ身)の着物です。
お宮参りの時に着た「初着(うぶぎ)」を仕立て直して七五三用にすることができます。
②結び帯 幅が広く、固めの帯です。
金糸の刺繍がしてあるものなどが華やかでおすすめです。
③長じゅばん お宮参りの時に着た「初着(うぶぎ)」を仕立て直して七五三用にする場合に必要です。(洗える素材のポリエステルでOK!)
④半襟 長じゅばんの襟につける布です。飾りと汚れ防止のために使います。
3歳用のものを選ぶと、柄がちょうどいい場所に出ます。
なくても差し支えありません。
⑤絞り帯揚げ 帯の上に巻く、デコボコのある布です。
⑥帯締め 帯を結んだとき、ほどけないように帯の上から締めるひもです。
帯の中心に来る目立つパーツなので、着物の柄や、帯の柄の色に合わせた色を選ぶのがコツです。
⑦しごき 帯の下、腰のところに巻いて端をたらす飾り布のことです。七五三ならでのアイテムです。
⑧髪飾り 着物の柄の色と合わせると、コーディネートがまとまります。大ぶりのものでも着物ならバランスが取れます。
⑨ぞうり 鼻緒に綿が入っていて、やわらかくクッション性のあるものがおすすめです。足へのフィット感は、きつすぎず、緩すぎずがベスト。
⑩足袋 伸び縮みするソックスタイプがおすすめ。
基本的には白ですが、オシャレさを求めるならば、えんじ色やからし色など、他の色でも大丈夫。柄物はカジュアルすぎるのでおすすめしません。
⑪腰ひも 着付けの時に使うひもです。2~3本あると安心。
⑫肌襦袢 綿素材の着物用の下着です。呉服屋さんやデパートの着物売り場に売っています。綿のキャミソール&スパッツでも代用可!(首元のつまった肌着は、着物の襟もとから見えるので×)
⑬箱せこ 胸元にはさむ、薄い箱型の飾りです。 くしなどを入れておきます。
⑭扇子 胸元にはさむ飾りとして使います。
⑮バッグ 飾り用として持ちます。なくても問題ありません。

※着付けをお願いする美容室によっては、「帯枕」「帯板」「伊達(だて)締め」が必要な場合があります。あらかじめ確認しておくと安心!


スポンサーリンク




お宮参りの「初着」を3歳の七五三に着せる時の注意!

お宮参りの際に着た「初着」を3歳の七五三で着せるならば、「肩上げ」や「腰上げ」といった、サイズ直しが必要になります。

サイズ直しは、頑張ればお家の人ができなくはないですが、やはり失敗するのは避けたいですよね。

近所のお直し屋さんか、デパートの呉服売り場などでお直しをしてもらうことができます。プロにお願いする方が出来栄えがキレイですよ。

ちなみに、ネットでもお直しを受け付けているサービスがありますよ。↓

お直しは、出来上がるまで10日くらい時間がかかりますので、早めに準備をしておきたいですね。


スポンサーリンク




7歳の女の子の着物に必要なものは?

続いて、7歳の女の子の着物についてです。

七五三で着る着物には、次の16のアイテムが必要になります。

七五三 7歳 女の子 着物

七五三 7歳女の子 着物

着付けの小物

①着物 5~10才ぐらいの女の子の身体に合ったサイズの着物(四つ身)です。お宮参りの際に使った初着は小さすぎて着れません。
洗える素材のポリエステルを選ぶと外出が安心です。
②結び帯 幅が広くて固めの帯です。
身体の中心にくる目立つ部分なので、金糸が入った鮮やかな色を選ぶのがおすすめです。あらかじめ帯の結び目ができている「作り帯」タイプを選ぶと、着付けが短時間できるので疲れにくいです。
③長じゅばん 着物の下に着る下着のようなものです。肌着とは別で、着物と同じような形をしています。
洗える素材のポリエステルで十分です。
④半襟・伊達襟 半襟は長じゅばんの襟につける飾り襟です。汚れ防止の役割もあります。
刺繍が入ったものを選ぶと襟元が華やかになります。子供用の長さを選びましょう。(大人用では長すぎます)
伊達襟は飾り襟です。着物に重ねて使います。
⑤絞り帯揚げ 帯の上に巻く、デコボコのある布です。
⑥帯締め 帯を結んだとき、ほどけないように帯の上から締めるひもです。
帯の中心に来る目立つパーツなので、着物の柄や、帯の柄の色に合わせた色を選ぶのがコツです。
⑦しごき 帯の下、腰のところに巻いて端をたらす飾り布のことです。七五三ならでのアイテムです。
⑧髪飾り 着物の柄の色と合わせると、コーディネートがまとまります。大ぶりのものでも着物ならバランスが取れます。
⑨ぞうり 鼻緒に綿が入っていて、やわらかくクッション性のあるものがおすすめです。足へのフィット感は、きつすぎず、緩すぎずがベスト。
⑩足袋 伸び縮みするソックスタイプがおすすめ。
基本的には白ですが、オシャレさを求めるならば、えんじ色やからし色など、他の色でも大丈夫。柄物はカジュアルすぎるのでおすすめしません。
⑪肌襦袢・裾よけ 肌に直接触れる肌着です。綿でできていて、上下に分かれています。(ワンピースタイプのものもあり)
綿のキャミソール&スパッツでも代用可!(首元のつまった肌着は、着物の襟もとから見えるので×)
⑫腰ひも 着付けに使うひもです。4本あると安心。
⑬伊達締め 着崩れを防ぐためのバンドのようなものです。マジックテープになっているものもあります。2本あると安心。
⑭扇子 胸元に飾ります。
⑮バッグ 飾り用で持ちます。なくても可!
⑯箱せこ 胸元にはさむ、薄い箱型の飾りです。 くしなどを入れておきます。

※着付けをお願いする美容室によっては、「帯板」「帯枕」が必要な場合があります。あらかじめ確認しておきましょう!

まとめ

七五三 女の子

女の子が着る七五三の着物に必要なものは、お分かりになりましたか?

細かい装飾品や着付けに使うひもなど、必要なものはさまざまです。

ギリギリになって「要るんだった!!」と焦らないように、余裕をもって準備をしておきましょう。

着付けの流派や、着付けする人のクセなどによって、必要な小物(とくに着付けに使うひもの本数など)が変わります。

着付けをお願いする人との、事前の打ち合わせが大事ですよ!

七五三については、こちらの記事も参考にどうぞ!↓

>>七五三のお参りに洋服はアリ?3歳女の子のための失敗しない洋服選び

>>七五三の写真とお参りを同じ日に!子供の機嫌を損ねなかったウチの段取り

>>七五三のお祝い返しの相場は地域によって価値観が違う!いくらならOK?

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする