【七五三】男の子は何歳にするの?熊本は他県とはちょっと違う!

七五三 熊本 男の子

七五三の風習って、全国どこも同じだと思っていませんか?

実は、九州の熊本県には独特の風習があります。

知らずに引っ越してきた親御さんは、「えっ!熊本の七五三はこうなの!?」と驚くことも。

特に、5歳の1回きりだと思っていた男の子の七五三は、熊本に来ると〇歳と〇歳にも!その年齢や習慣について迫ってみましょう!


スポンサーリンク




熊本の七五三は、男の子でも〇回おこなう!

七五三

熊本県の一部の地域では、男の子の七五三を3回おこないます。何歳におこなうのかというと・・・

3歳・4歳・5歳 ※数え年

数え年とは、生まれた時を1歳とし、1月1日が来るたびに1つ年を取るという数え方です。

の場合です。

全国的には、5歳の1回のみか、3歳・5歳の2回のところが多いですが、熊本では男の子が4歳の時にも七五三をおこなうようです。

数え年3歳の七五三=髪置き(かみおき)の儀

平安時代の風習のなごりです。

昔は3歳までは男女関係なく髪の毛を剃り落とし、3歳から始めて伸ばし始めていました。「もう赤ちゃんは卒業だよ」という意味の儀式です。

数え年4歳の七五三=紐解き(ひもとき)の儀

幼児用の帯(ひも)ではなく、大人と同じ帯を使って着物を着始めるけじめとなる儀式です。

他の県では「帯解きの儀」として、7歳の女の子の七五三にあてられる儀式ですが、熊本では4歳の男の子におこなう習慣があります。

数え年5歳の七五三=袴着(はかまぎ)の儀

男の子が初めて袴を着る儀式です。

大人の男の人と同じ服装になるため、立派に成長した証とされています。

本来ならば、女の子の7歳の儀式である「紐解きの儀」が、熊本では4歳の男の子にあてはまります。

なぜこのような習わしになったかはハッキリとは分かりません。

熊本の人たちは、子供の成長を1年ごとに大事に大事にしてきたのですかね!(もちろん、どこの県でも子どもは宝物ですが!)

最近では、4歳の七五三の風習は薄れている傾向があり、3歳と5歳の2回のみ行う家族も多いです。

昔からの習わしを大事にする家庭では、男の子の七五三も3回おこなう場合があるので、おじいちゃん、おばあちゃんに確認するのがいいですね。

それにしても、熊本の男の子は3歳から5歳にかけては大忙しだこと!!

数え年で3歳・4歳・5歳というワケですから、満年齢(現在の年齢の数え方)に直すと、2歳~4歳の間に毎年七五三をするということになります。

※ちなみに、女の子は数え年で3歳・4歳・7歳。こちらも3回ですね。

習わしを重んじる家庭では、きっと衣装も正装(着物)を選ぶでしょうから、お子さんが疲れてしまわないように段取りが大切になりますね!


スポンサーリンク




熊本の七五三 男の子は衣装も独特!

さて、熊本の七五三では、男の子の衣装にも独特の風習があります。

特に、数え年3歳でおこなう七五三(髪置きの儀)の衣装が、他の県では見られない特徴的なもの!

早速どんなものか、説明していきますね。

数え年3歳の七五三(髪置きの儀)で男の子が着る衣装とは?

熊本の七五三では、3歳の男の子に着せる衣装(正装)が、産着+陣羽織の組み合わせです。

七五三 男の子 熊本 3歳

産着(初着とも言います)とは、お宮参りの時に赤ちゃんを包んでいた着物のことです。その着物を、3歳の男の子の体形に合わせて仕立て直して着ます。

そして、その上から陣羽織!(前が開いているベストのようなものですね)

実際の年齢はまだ2歳くらいなので、あどけない赤ちゃんの雰囲気があります。そこに陣羽織の武将のような雰囲気が加わると、何とも言えないかわいらしさに!

きっとどこの家庭の親御さんも、「うちの子が一番かわいい」「うちの子が一番似合ってる!」と思ってしまいそうですね。

男の子が陣羽織を羽織る姿は、熊本の七五三でしか見ることのできない衣装です。この風習は、廃れることなく続いてほしい!!

男の子の母親である筆者は、個人的に強く思いました。

数え年4歳・5歳の七五三で男の子が着る衣装とは?

数え年4歳(紐解きの儀)と、数え年5歳(袴着の儀)では、男の子はどちらも羽織はかま姿でお祝いします。

羽織袴

この衣装は、全国的な七五三と変わりはありません。

しかしながら、4歳の時のはかま姿と、5歳の時のはかま姿。1年の成長を比べて楽しめるのも、男の子の七五三が3回ある熊本ならではですね。

まとめ

七五三 男の子

熊本の男の子が七五三を祝う年齢は、一般的な習慣とは少し違います。

何歳にお祝いする?

  • 数え年で3歳(髪置きの儀)・・・産着+陣羽織でお祝い
  • 数え年で4歳(紐解きの儀)・・・羽織はかま姿でお祝い
  • 数え年で5歳(袴着の儀)・・・羽織はかま姿でお祝い

最近では4歳の紐解きの儀はせずに、3歳と5歳の七五三のみする家庭も増えてきています。3歳の陣羽織姿は熊本独特なので、省略はされないようですね!

どの歳にするにせよ、男の子は1年あればすっかり成長しますから、その大きくなった証を家族で楽しめるといいですね!

七五三については、こちらの記事も参考にどうぞ!↓

>>七五三のお祝い返し!のしマナーは大丈夫?種類や書き方4つのポイント

>>七五三のお祝い返しはいつするの?贈り物に関する人間心理から読み解く!

>>【鹿児島ならでは!】七五三のお祝い男の子は何歳?〇歳には重要な行事が!

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする