胃もたれ防止に役立つ、普段の生活+アルファの知恵を紹介!

胃もたれ 防止

お腹いっぱい食べて満足~!の後にやってくる、ツラい胃もたれ

先ほどの満足感はどこへ行ったやら?胃の動いていない感じがなんとも憂鬱な気分になりますよね。

そんな胃もたれは、防止できるに越したことはありません。

今回は、胃もたれにならないための食事法や応急対策など、胃もたれ防止方法にスポットを当ててご紹介します!

スポンサーリンク

胃もたれ防止の基本!食べ方にまつわるポイント

胃もたれにならないようにするには、まず普段の食事のとり方に意識を向けてみましょう。次のポイントに注意して!

「お腹いっぱい~」はたまにのお楽しみで

大盛り

お腹いっぱい食べるのは、幸せなことこの上ないのですが、胃にとっては負担のかかる行為です。

特に、肉類や油っこいものを毎回たっぷり食べる食生活は、常に胃の消化がフル回転か追いついていない状態になり、胃の疲れ→胃もたれとつながっていきます。

<参考記事>

>>揚げ物の胃もたれ対策!予防と回復法で苦しみを減らそう!

よく言われる言葉ですが、食事の量は「腹八分目」が目安。

「腹八分目」の感覚がよく分からなければ、一口につき、いつもより10回噛む回数を増やしてみてください。

噛む回数が多ければ多いほど満腹感が増し、食べる量をセーブできますよ。

この記事を書いている筆者は、個人的な胃もたれ防止法として、夜ごはんを朝・昼の半分くらいの量に抑えて食べています。

寝ている間に胃を休められるよう、寝る頃には胃の中がスッキリしている状態(食べ物が入っていない感覚)にしておくと、翌日胃がとても楽です。

お腹いっぱい食べるのは、たま~にのお楽しみで。普段の食事は「腹八分目」を意識してみてください。

胃もたれの原因になる食べ物を知ろう

揚げ物

胃もたれを防止するには、胃もたれを引き起こす食べ物を食べ過ぎないことです。

胃もたれを引き起こす食べ物とは、消化しにくい食べ物のこと。

消化がしにくい食べ物を食べ過ぎると、長い時間胃を動かすことになります。それが負担となり、胃もたれになるのです。

美味しい食べ物にあふれたこのご時世ですが、次にあげる食べ物は食べ過ぎないように注意して!

  • 脂身の多い肉・・・カルビや豚肉の脂身、鶏もも肉などは、含まれている脂が胃に負担となります。
  • サバ・・・魚だから大丈夫!ということはありません。特に冷凍された古いサバは、含まれる油(魚油)が胃に負担をかけます。
  • 揚げ物・・・てんぷらやフライ、から揚げ、揚げパンなどの揚げ物も食べすぎ注意。酸化した古い油で揚げたものは、少し食べても胃もたれになる場合があります。
  • 生クリーム・・・フワフワと軽い食感ですが「油のかたまり」です。乳脂肪分が高ければ高いほど胃への負担も増。
  • デニッシュ、パイ類・・・大量のバター(油脂)が使われているため消化が悪いです。
  • ラーメンスープ・・・特に背油たっぷりのスープは要注意。
  • 繊維質が多い野菜・・・ごぼう、たけのこ、ニラ、らっきょう、いも、とうもろこし、大豆、れんこん、ふきなどは、繊維が多く消化に時間がかかります。ヘルシーなイメージですが、食べる量は適量に留めておいて。

胃もたれ防止のために、食べる量に注意したい食べ物を紹介しました。

上記以外にも例えば、タバスコやコショウ、唐辛子などの香辛料や、アルコール、炭酸飲料など、いわゆる「刺激の強いもの」は摂りすぎると胃もたれを引き起こします。

普段口にする食べ物は、一汁三菜の「素朴な和食」が胃に優しいですよ。

そして、胃もたれ防止の特急ワザ!!

食べすぎて胃が苦しいときは、「左脇腹伸ばし」ストレッチをしてみてください。

右に身体を倒してグーッと身体を伸ばします。左側の肩を前に出すようにし、少しひねるように伸ばすのがポイント。

これによって胃の働きを促す効果が期待でき、食べ過ぎた後の胃もたれ防止に役立ちますよ。

スポンサーリンク

胃もたれ防止の応用ワザ!食事以外での対処法

胃もたれの原因には、食べ物以外にもストレスや細菌(ピロリ菌)が挙げられます。

この2つの原因にもきちんと対処しておくと、胃もたれを引き起こす回数を少なくすることができます。

ストレス解消のためにやっておきたい2つのルーティン

ホットココア

日々募っていくストレスは、「解消しましょう!」と一言で言われたとて、なかなか簡単にはいかないもの。

特に職場の人間関係でストレスを溜めている人は、いきなり辞めるというワケにはいきませんものね。

そこで、ストレス解消のために「寝る前に2つのルーティン」をやってみましょう。緊張していた神経のスイッチをフッとゆるめるルーティンです。↓

①ホットミルクココアを飲む

寝る1時間くらい前に、ホットミルクココアを飲んで一息ついてみてください。牛乳に含まれているカルシウム、ココアパウダーに含まれているマグネシウムは、ストレスを和らげる効果があります。(両方一緒に摂ることで効果を発揮します)

温かくして飲むことで、リラックス効果も見込めますよ。

②「いいこと日記」を書く

夜寝る前。どんな小さなことでもいいので、今日1日の中で起こった「良い出来事」を1つ、簡単に書いてみましょう。ひとことでOKです。

「読みたかった雑誌を買った」とか「アイメイクが決まった」とか、ついつい流してしまいがちな「良い出来事」を日に日に振り返ることで、ストレスの根本である「イヤなこと」の存在が薄れていきますよ。

ピロリ菌の検査について

検査

暴飲暴食しているわけでもないのに、頻繁に胃もたれを感じる人は、もしかしたら胃の中にピロリ菌が潜んでいるかもしれません。

ピロリ菌は、胃の粘膜を傷つけ、胃もたれや胃潰瘍の原因になる厄介な菌です。放っておくと慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、さらには胃がんにまで発展することもありますので、心配な場合はピロリ菌の検査をすることをおすすめします。

ピロリ菌検査にはいくつか種類がありますが、もっとも安いもので血液や尿の検査(2000円前後)便の検査(3000円前後)となります。
※病院によって検査費用に差があります。

初診料などと合わせると、大体6000円~8000円くらい見積もっておきましょう。検査のみは保険が効かず自費診療となります。その後、ピロリ菌による胃炎などと認められ治療に進めば、健康保険が適用されます。

病院での検査は不安や費用の心配などがつきものですが、個人的にはモヤモヤする胃もたれをいつまでも放っておくよりは、きっちり検査しておいた方が安心だと感じます。

まとめ

胃もたれ解消

わずらわしい胃もたれは、ならないに越したことはない!

胃もたれの防止法を、原因別にお伝えしました。

食事以外にも、ストレスやピロリ菌で胃もたれは引き起こされます。普段の生活を振り返ってみて、もしかしたら・・・と感じるところがあれば、早めに対処しておきましょう!

胃もたれについては、こちらの記事も合わせてどうぞ↓

>>胃もたれに効く身近な食べ物4つとその効果 食べ方のポイントも解説

>>胃もたれ解消に梅干しがいい理由と簡単&効果的な食べ方のコツ

>>胃もたれの応急処置にはツボ!足にある「胃を元気にするツボ」7選

>>胃もたれしたら水を飲む。TVでよく見るあのシーンは本当に効果あり?

>>揚げ物の胃もたれ対策!予防と回復法で苦しみを減らそう!

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする