胃もたれに効く身近な食べ物4つとその効果 食べ方のポイントも解説

おかゆ

胃もたれを感じると、「胃を休ませなければ」と思い、食事をしない人が多いですね。

しかし、すっぱいものが口に上がってきているような感覚がある胃もたれ(胃酸過多の胃もたれ)は、長時間胃が空になるとかえって胃が荒れる原因となってしまいます。

そんな自覚症状がある方は、胃もたれに効く食べ物を意識して食べてみましょう。今からご紹介する食べ物は、胃の調子が悪いときに良い働きをしてくれる食べ物です。

スポンサーリンク

胃もたれに効く成分が含まれた4つの食材

胃もたれしている時の胃の状態とは、言い換えると「胃が動いていない状態」です。

いつまでも食べ物が胃の中に残っている感じがして気持ちが悪い・・・。そんな、胃の運動停止状態をいつもの調子に戻してくれる食材は、次の4つ!

①大根

大根

大根には、胃にたまった食べ物の消化を助けてくれる消化酵素(ジアスターゼ、オキシダーゼ、カタラーゼ)が含まれています。特にジアスターゼは、胃薬にも配合されている成分で、胃もたれの緩和に役立ってくれます。

特に、葉っぱに近い緑の部分に豊富に含まれているので、ここを中心に食べていきましょう。

加熱すると消化酵素が壊れてしまうので、生を大根おろしにして少しずつ食べるといいですよ。(一気にたくさん食べると冷えるので・・・)

②カブ

かぶ

カブにも消化酵素であるジアスターゼがたくさん含まれています。さらに、葉っぱの部分には胃の粘膜を丈夫にするβカロテンが。

実と葉っぱをどちらも細かく刻んで、温かいおかゆやスープにして食べるといいですよ。身体も温まり、胃が動かず弱った身体に免疫力も付けてくれます。

③山芋

山芋

山芋には、消化酵素のジアスターゼの他に、胃の粘膜の原料となるムチン(ネバネバ成分)、免疫力をアップさせるディオスコリンという成分が豊富です。

消化酵素は熱に弱いので、ベストはすりおろして食べることです。ただし、独特のネバネバが苦手な人は、短冊状に切って焼くと食べやすくなります。

④春菊

春菊

独特の風味がある春菊は、漢方の世界では「回復の薬」として親しまれてきました。(なんだかRPGゲームのようですね!)

胃の粘膜を丈夫にするβカロテンが豊富で、その香りには消化促進の効果があります。

消化の良い食べ物と一緒に鍋や煮物にしたり、生のままバナナと一緒にミキサーにかけ、ミックスジュース風にして飲むのもおすすめ。

このように、身近なところに胃もたれに効く食べものがあります。

「医食同源」「食箋(しょくせん=食べ物で治癒をはかること)」とはよく言ったものです。身体の不調を整えるには、身体に取り入れる栄養素の助けを借りて、自己治癒していくのが昔からの知恵なんですね。

もちろん、薬局や病院で出される薬のように、即効で効くことはないかもしれません。しかし、なるべく薬に頼らずに胃もたれを解消したいんだよね!と思っているならば、食べ物の力を借りてみるのがいいですよ。

ちなみに、この記事を書いている筆者は、胃もたれの際には梅干しを食べます。

すっぱさが胃をスーッとさせてくれて、不快な感じがやわらいでいきます。

実は梅干しも、胃もたれ解消に大きな力を貸してくれる成分を含んでいるようですよ。詳しくはこちらの記事で書いています。↓

>>胃もたれ解消に梅干しがいい理由と簡単&効果的な食べ方のコツ

スポンサーリンク

胃もたれの時に食事をするなら気を付けたいこと

雑炊

胃もたれの時に何か食べ物を口に入れるなら、なるべく胃に負担がかからない食材や調理法がいいですよね。

胃もたれ時の食事で気を付けるポイントをまとめました。

消化の良い食べ物を食べること!

胃もたれしている時には、できるだけ食物繊維や脂肪が少ない食材を選んで食べましょう。

これらは胃の中にたまっている時間が短い食材なので、消化で胃にかける負担を最小限にすることができます。

先に紹介した胃もたれに効く4つの食材のほかに、食べてもOK!な食材は次の通りです。

消化の良い食材リスト

  • 炭水化物・・・お粥、うどん、食パン
  • 野菜や果物・・・青菜、にんじん、じゃがいも、南瓜、バナナ、りんごなど、食物繊維の少ないもの
  • 乳製品・・・牛乳、ヨーグルト(冷やし過ぎに注意!また、腸の調子も悪いときにはおすすめしません)
  • 肉や魚・・・ささみ、とりむね肉、たら、かれい、たいなど、脂肪の少ないもの
  • 大豆製品・・・豆腐、ひきわり納豆

冷蔵庫で冷やしたり、氷を入れたりした冷たいものは避けましょう。冷たい刺激が胃の壁に伝わると、胃液が過剰に分泌されてしまい、胃に負担をかけてしまいます。

他にも、次にあげるような食べ物は、弱った胃には大ダメージを与えます。美味しいものばかりですが、胃もたれが良くなるまではちょっと我慢ですね。

消化の悪い食材リスト(胃もたれの時には食べないように!)

  • 野菜類・・・たけのこ、ごぼう、セロリなど繊維が多くて固いもの
  • 炭水化物・・・中華麺、そば、チャーハンなどの油を使った料理
  • 肉魚類・・・ロース肉、バラ肉、ハム、ベーコン、豚カツ、うなぎ、干物、イカ、タコなど
  • 刺激の強いもの・・・こしょうや唐辛子などの香辛料
  • 甘いものや塩辛いもの・・・お菓子、菓子パン、漬物、塩辛など
  • 嗜好品・・・アルコール、炭酸、コーヒー、紅茶など

調理にもちょっとしたポイントが

離乳食

胃もたれの胃は消化機能が落ちています。あらかじめ消化しやすい形に食品を調理しておくことで、胃に負担をかけずに食事を摂ることができます。

調理のヒントは「離乳食」!

赤ちゃんが食べ物に身体を慣らすために口にする、離乳食の作り方を思い出してみましょう。(作ったことない!という方は「鍋のシメの雑炊」のイメージで)

食材を小さく切り、油をなるべく使わず、やわらかく煮て仕上げることがポイントです。

胃をなるべく動かさずに消化できるように、小さく切った食材でおかゆや煮込みうどん、鍋などを作って食べましょう。

もちろん、ゆっくり時間をかけて、よく噛んで食べることも大切です。

まとめ

毎日働き続ける胃は、調子が悪いときになって大切さに気付きますね。

胃腸薬を飲めばことは収まるかもしれませんが、胃の働きを元に戻すことこそ重要です。胃もたれに効く食べ物の力を借りて、モヤモヤする感じを解消していきましょう。

胃もたれについては、こちらの記事も合わせてどうぞ↓

>>胃もたれしたら水を飲む。TVでよく見るあのシーンは本当に効果あり?

>>胃もたれ解消に梅干しがいい理由と簡単&効果的な食べ方のコツ

>>胃もたれの応急処置にはツボ!足にある「胃を元気にするツボ」7選

>>胃もたれ防止に役立つ、普段の生活+アルファの知恵を紹介!

>>揚げ物の胃もたれ対策!予防と回復法で苦しみを減らそう!

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする