賀正紙は玄関のどこに貼る?いつからいつまで貼る?正しい扱い方まとめ

賀正紙

梅や門松が描かれ、「謹賀新年」「迎春」と記されている紙のことを「賀正紙」と言います。地域によっては「賀正ポスター」や「紙門松」とも呼ばれていて、お正月ならではのものですね。

さて、この賀正紙。

玄関に貼るのが一般的ですが、どの位置に貼ればいいのか?いつからいつまで貼ればいいのか?お正月が終わったらどのように扱えばいいのか?意外と分からないものです。

今回は、簡易版門松ともいえる賀正紙の扱い方を、分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

賀正紙は玄関のどこに飾るの?

そもそも玄関に、賀正紙をはじめ正月飾りを飾る理由。

それは、「年神様の目印」とされているためです。年神様とは、その家族の1年に幸せをもたらすために山から降りてくる神様のことです。賀正紙も、年神様に自宅の場所を伝え、歓迎する意味で飾ります。

では、賀正紙を玄関のどこに貼ればいいのか?ということについて、画像で説明していきます。

一般的には玄関の扉の両側の真ん中あたりに、左右のバランスを見て貼っていきます。

賀正紙 玄関

1枚ドアの場合

賀正紙 玄関

引き戸の場合

家の門の奥に玄関がある場合は、門の左右に貼るお宅もあります。年神様に「家の入口の場所を伝える」という意味で、玄関ではなくその前の門に貼ります。

賀正紙 貼り方

門に貼る場合

門松の紙版と考えると、左右対称に貼るのが自然だと感じられるでしょう。

門松と違って貼るだけなので、お子さんにお願いし、お正月の準備を楽しんでもらうのもいいですね。

スポンサーリンク

賀正紙はいつからいつまで飾る?

カレンダー

さて、賀正紙を玄関にどのように貼るのか?が分かったところで、次は「いつからいつまで貼るのか?」についても知っておきましょう。

賀正紙を含む正月飾りを飾る時期としてよく言われるのが、12月13日~28日の間、もしくは、12月30日です。

12月13日なんて、なんだかちょっと早め過ぎない?と思われるかもしれませんね。

12月13日は、「松迎え」と言われています。昔の日本人はこの日になると山に松を採りに行き、門松を作って飾っていました。本来であれば、12月13日からお正月の準備をし始めてもよいのです。

ただし、クリスマスの文化がすっかり根付いた最近では、賀正紙などは12月25日を過ぎた頃に飾るのが一般的です。

では、賀正紙を貼る時期で、12月29日と31日を避けるのはなぜでしょう?

それは、縁起が悪いとされているからです。

29日の”9”は「苦」と充てることができますよね。苦しみを連想させる日には、新年のお祝いの準備を避けるという意味です。

31日の大晦日に慌てて賀正紙などを飾り付けるのは「一夜飾り」と言って、これもまた縁起が良くないと言われています。

「一夜飾り」は葬儀を連想させるからです。(人が亡くなると、慌てて葬儀の段取りをするため)

個人的には、24日の”4”も、死を連想させるので良くないのでは?と思いましたが、24日については昔の人は気にしていなかったようです。不思議。

現代では、12月24日はまだまだクリスマスムードで溢れているので、賀正紙を貼るお宅は少ないです。

賀正紙はいつまで飾るのか?

どんど焼き

門松やしめ縄などと同じく、賀正紙は「松の内」が過ぎるまで飾ります。「松の内」とは、年神様がお家にいる期間のことで、一般的には1月7日までです。

ただし、関西地方は1月15日までなど、地域によって違いがあります。

現代の感覚ならば、多くの家庭は1月7日にもなると大人は仕事モード、子供は冬休みが終わって学校モードになります。

お正月が終わったと感じるこのころを見計らって賀正紙を外すのも、タイミングのひとつです。

地域によっては、15日前後に正月飾りや去年のお守りを焼く「どんど焼き」が開かれるところもあります。

その日までは貼っておき、どんど焼きで賀正紙を焼くというのもいいでしょう。

まとめ

年間を通して、お正月の時期にしかお目にかからない賀正紙。

普段の生活では扱わないので、いざ目の前にすると玄関のどこに貼るのか?いつまで貼るのか?疑問が湧いてきますね。

ぜひこの記事を参考に、賀正紙の扱い方を覚えていただければと思います。

こちらの記事もあわせてどうぞ!

>>「除夜の鐘で煩悩を消す」の煩悩とは?108の数の由来を徹底解剖

>>年賀はがきの書き損じ 買取OKのショップリストと手順や注意点まとめ!

>>年賀状に「賀正」と書いて目上の人に出すと怒られる!?その理由と正しい使い方

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする