【残暑見舞いの時期】 ハガキを出すのはいつがベスト?遅れた時の文例も

残暑見舞い

お世話になった人に、親しい友人に、上司や取引先の方に。

メールでのやりとりが主流となった今、手書きの残暑見舞いは印象に残るものです。

しかし、昔からの習慣には「暗黙のマナー」がつきもの。残暑見舞いにいたっては、ハガキを出す時期はいつがいいの?と首を傾げてしまいますよね。

そこで、残暑見舞いのハガキを出す時期を、由来とともにお伝えしていきます。時期を過ぎてしまった場合の対応などもまとめますので、最後まで読んでみてください!

<この記事で参考にした資料>

  • 大人の常識とマナー: 決定版(学研教育出版)
  • 伝えていきたい暮らしの知恵(GAKKEN HIT MOOK)
  • 気持ちが伝わる手紙・はがきの書き方全集(著者: 中川越)


スポンサーリンク




残暑見舞いのハガキを出す時期はいつ?

晩夏

残暑見舞いのハガキを出す時期は、昔の人の暦の数え方「二十四節気」から読み取ることができます。

※二十四節気・・・今のように1年の季節を4つに分けるのではなく、24に分けてそれぞれ名前を付けていた。

二十四節季 時期 贈り物の呼び方
小暑
(暑さが本格的になるころ)
7月7日ごろ~7月22日ごろ お中元・暑中見舞い
大暑
(年間で一番暑いころ)
7月23日ごろ~8月6日ごろ  お中元・暑中見舞い 
立秋
(秋の入口に差し掛かるころ)
8月7日ごろ~8月23日ごろ
  • お盆(8/15)まではお中元・暑中見舞い
  • お盆過ぎ(8/16)からは残暑見舞い
処暑
(暑さがひと段落するころ)
8月23日ごろ~9月7日ごろ 残暑見舞い

残暑見舞いの意味は簡単に言うと、

「夏の盛りを過ぎましたが、まだまだ暑いですね~。そちらは健やかに過ごしていますか?」

ということです。

なので、夏の盛りを過ぎてから、本格的な秋になるまでの時期に出すのがマナーです。二十四節気で言うと、立秋から処暑まで(毎年8月7日~9月7日ごろまで)ですね。

ですが、残暑見舞いは8月末までに届くようにするのが暗黙の了解となっています。

親しい友達に出すなら、ちょっと遅れて9月頭でもいいかもしれませんが、目上の人に出すときには時期が遅れないように気を付けたいですね。

取引先の方や上司のように、ビジネス関係の方から夏のお便り(暑中見舞い・残暑見舞い)が届いた場合は、3日以内に返信しましょう!

相手に届くのに2日くらいかかると予想して逆算し、暑中見舞い(8月6日までに着)として出すか、残暑見舞い(8月7日~8月末までに着)として出すかを判断します。

また、目上の人に残暑見舞い(暑中見舞い)のハガキを出す際には、「残暑御伺い(暑中御伺い)」と敬語に直して出す方がベターです。


スポンサーリンク




残暑見舞いの時期に遅れてしまったときの対処法

9月

残暑見舞いのハガキを出そうと思っていたのに、いつの間にか9月の中ばに・・・。

返信の時期が遅れてしまった場合は、どう対応していいものか悩みますよね。

だからと言って、何もせずにうやむやにするのはよくありません。

自分から残暑見舞いを出そうと思っていたのならまだしも、相手から送られてきたハガキに対しては、きちんとお返しをしておくのが大人のマナーというもの!

時期を過ぎてしまったけれど、相手に残暑見舞いの返信をする場合は、次の3点を意識して文を書きましょう!

  • 「残暑見舞い申し上げます」のあいさつ文を「初秋のご挨拶」にする
  • 自分の都合で遅れてしまったことを正直に書いてお詫びする(ただし、言い訳がましくつらつら書くのはNG!サラッと書く)
  • 「かもめーる」などの、夏の雰囲気を醸し出すハガキは使わない!

【例文】

初秋のご挨拶
(「残暑お見舞い申し上げます」の代わり)

先日は心のこもった残暑お見舞いをいただきまして、ありがとうございます。
(残暑見舞いをいただいたお礼)

私事ですが、職場での配置替えの慌ただしさにまぎれ、ご挨拶が遅くなってしまいました。お詫びいたします。
(自分の都合で遅れたことを正直にお詫びする)

おかげさまでこちらは、家族全員健やかに過ごしています。今年は長男の〇〇が受験を控えておりますので、妻とともに支えてあげねば・・・と思う今日この頃です。
(近況を報告する)

これからは秋が深まり朝晩が涼しくなりますね。どうぞ◆◆様もご自愛ください。
(相手の身体を気遣う言葉)

平成△△年 九月
(日付)

残暑見舞いの返信が遅れたということは、平たく言ってしまえば「返信を忘れていた」ということになります。

しかし、それを直球どストレートに書くのは印象がよろしくありませんね!

返信を忘れていたのには、何かしら理由があるはずです。(仕事が超忙しかった!とか、家族が体調を崩していた・・・など)

「返信を忘れていた理由+慌ただしさに紛れ」

という、そっとオブラートに包んだ表現で相手にお詫びする方がスマートです。

まとめ

ポスト

残暑見舞いのハガキを出すのに適切な時期は、

8月7日ごろ~9月7日ごろ(ただし、8月末までが一般的)

です。

これは、昔の人の暦の数え方である二十四節気に由来するものです。

しかしながら、相手から送られてきた残暑見舞いには、なるべく早く返信するのがおすすめです。(相手がビジネス関係の人なら3日以内!)

時期に遅れず出すのがベストですが、もしも遅れてしまった場合は「初秋のご挨拶」として返信しましょう。

筆者個人的には、返信が遅れてしまった相手には電話やメールもします。

ハガキを投函した後に連絡をし、「今日お返事を出しました。遅れてごめんなさい」と重ねて伝えます。

相手によってケースバイケースだと思いますが、せっかく築いた人間関係ですから、それくらい丁寧でもいいのでは?と思います。

文を贈り合うという昔ながらのやりとりには、ふと立ち止まって、その人のことを考えるきっかけにもなります。これからも大切にしていきたいですね。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

>>【残暑見舞いの時期】贈り物をするなら「あの日」を過ぎてから!

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする