しめじの賞味期限はいつ?白いカビ状のものが出たらアウトかセーフか!?

しめじ

しめじを買って冷蔵庫の中でしばらく放置していたら、表面に白いカビのようなものがあって不安になったことはありませんか?

この記事の筆者はその白いカビ状のものが気になって、何回もしめじを捨ててしまったことがあります。

ですが!しめじについた白いカビのようなもの。実は危険なものではありません。

では一体何なのか?そもそもしめじの賞味期限はいつなのか?(しめじってパッケージに賞味期限は記載されていませんよね!)

意外と知らないしめじの賞味期限について、まとめていきます。

<この記事で参考にしたもの>

雪国まいたけ公式サイト

スポンサーリンク

しめじについた白いカビのようなものの正体とは?

しめじのカサ

カビなのか何なのか!?しめじについた正体不明の「白いフワフワ」

その正体は「気中菌糸(きちゅうきんし)」と呼ばれるもので、しめじの胞子のことです。言ってみれば、今食べようとしているしめじの分身のようなもので、特に害はありません。

きのこ類の成長段階は、「栄養菌糸」→「子実体(しじつたい)」という、2つにざっくりと分けられます。

栄養菌糸は文字通り、糸状の菌が集まったフワフワしたもの。それが塊になって子実体になります。

普段食べているしめじは子実体です。

きのこの成長

※図は「きのこの一生」から引用

さて、きのこにはこの成長段階が逆戻りする「菌戻り」という現象があります。子実体(きのこのカタチになったもの)が再び栄養菌糸(フワフワの糸の状態)に戻ってしまうことです。

しめじのカサの部分などについている、白くてフワフワした綿状のものは、まさに菌戻りしたしめじそのものなのです。

なので、食べても問題ないというワケです。

この記事の筆者は、賞味期限や食材の傷み具合にはかなり神経質なほうです。なので今まで、数々の食べられるであろうしめじを「白いカビ疑惑」で捨ててきました・・・。

ほんのちょこっと、カサの部分にフワフワがついているだけで。

カビじゃなかったんだね。いたたまれなくなってきたので、今度供養でもしようと思います。

ちなみに、しめじに発生した気中菌糸(栄養菌糸)は、そのまま食べても問題ありません。

もしも抵抗があるならば、水でサッと洗い流すか、キッチンペーパーでそっと拭きとるかして取り除きましょう。

スポンサーリンク

そもそもしめじの賞味期限はどのくらいなのか?

砂時計

しめじから出る白いフワフワは、カビではなく食べても問題のない気中菌糸だということが分かりました。

では、気中菌糸が出ても傷んだことにならないのなら、一体しめじの賞味期限はどのくらいか?という疑問が残りますよね。

スーパーに売られているしめじのパッケージには、賞味期限が書いてあることがほとんどありませんが、一般的に購入してから3~4日で食べきるのが望ましいと言われています。

もちろん、冷蔵庫できちんと保存したうえで3~4日です。

この期間を過ぎたら、しめじに次のような変化が起きていないか注意してくださいね。もしも当てはまる項目があれば、傷んでいる可能性が高いです。

  • シナシナになっている
  • 水分が出てべちゃっとしている
  • ぬめりが出ている

このように、明らかに古くなっている感じが確認できたら、そのしめじは食べない方が無難です。

買ってから3~4日は持つと言っても、保存の仕方やお店に置かれていた日数によっては、もっと早く傷んでしまう場合もあります。

賞味期限を見極めるには、白いカビ状の気中菌糸よりも、しめじ全体の質感や手触りで判断したほうがいいのです。

しめじの正しい保存方法

冷蔵庫

どんな食材にも「正しい保存方法」があるように、しめじにもしめじに適した保存方法があります。

とは言え、それほど面倒なことはなく、

  • 買ってきたパックのまま保存しない(水滴がついて傷みが早くなる可能性がある)
  • しめじをラップでくるんで食品保存袋に入れ、冷蔵庫で保存

この2つを守れば「正しい保存方法」になります。もちろん、冷蔵保存であれば3~4日の間に使い切ってくださいね。

しめじに白いカビ状の気中菌糸が出てしまうのは、周りの水分量が多くなったときです。買ってきたパックのまま冷蔵庫で保存していると出やすくなる、ということです。

ものぐささんにとっては、わざわざパックから出してラップにくるんで・・・というひと手間すら面倒かもしれませんが、しめじを美味しくいただくためには頑張って!

(もしも面倒ならば、その日中に食べきってしまいましょう)

ちなみに、「スーパーで安売りしてたからまとめ買いしちゃった!」という場合は、冷凍保存もできます。

石づきを落として子房に分け、冷凍保存バッグなどに入れて空気をなるべく抜いてください。それから冷凍保存すれば、1か月くらいは持ちます。

冷凍保存したしめじは解凍すると水分が抜けてべちゃっとします。水分が出ても問題のない、煮込み料理などに使うのがおすすめ!

まとめ

しめじのソテー

しめじのカサなどについている白いカビのようなフワフワは気中菌糸と呼ばれるしめじの分身です。なので、食べても問題ありません。

しめじの賞味期限の見極めで注意したいのは、白いフワフワではなく全体的な質感です。

買ったときよりも明らかに古びている・・・という状態になっていたら、残念ですが捨てましょう。

しめじの賞味期限の目安は、買ってから3~4日!

まずはこの数字を覚えておいて、正しい保存方法でしめじをいただきましょうね。

こちらの記事では、しめじの賞味期限についてさらに詳しく説明しています!↓

>>しめじの賞味期限の見分け方!4つのポイントと賞味期限の延ばす方法

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする