ゲリラ豪雨の対策グッズ!大人用&子供向けに分けて紹介!

ここ数年ですっかり定着した気象が「ゲリラ豪雨」です。

「あー・・・なんか空気が湿って重たい感じになってきたな~」と思ったら、途端にジャバーッとバケツをひっくり返したような雨に襲われた・・・という方も少なくないのでは?

ゲリラ豪雨にあうと、全身ずぶぬれ。体力的にも精神的にも消耗します。大人でもツライのに、お子さんが同じ目にあったら心配ですよね。

そこで!ゲリラ豪雨でずぶぬれになってしまう被害を、なるべく最小限に抑えられる対策グッズを集めてみました。大人用・子供用に分けてご紹介します。

スポンサーリンク

ゲリラ豪雨対策に!便利な4つの携帯グッズ(大人用)

外出中に、突然激しい雨が降ってきた場面を想像してみてください。何が気になりますか?

  • 傘がないー!
  • 靴が塗れる―!
  • 全身ずぶぬれになるー!
  • 携帯しているスマホやタブレット、パソコンが超危険!

主にこの4つなのではないでしょうか?

そこでゲリラ豪雨対策グッズ(大人用)では、折りたたみ傘・携帯できる防水靴・速乾衣類・デバイス用防水ケースの4つをご紹介!

風速115キロを耐え抜く!丈夫すぎる折り畳み傘「BLUNT XS」

 

ここ数年でじわじわ人気が出ている傘と言えば、ニュージーランドのブランドBLUNT (ブラント)が販売しているシリーズです。

この傘、まぁとにかく丈夫。

風をうまいこと受け流す設計になっているので、豪雨とともに突風が来ても折れません。1年に何本もビニール傘をおシャカにするくらいなら、この1本を数年使い続けたほうが経済的と言えるでしょう。

※実際に4年以上使い続けているユーザーもいるのだとか。

BLUNTシリーズにはいくつかタイプがありますが、ゲリラ豪雨に備えるなら断然折りたたみです!梅雨時期から夏にかけて、バッグの中に入れておく必需品になりそうですね。

パンプス&革靴を守れ!折りたためるレインブーツ!

 

長靴ではありません。結局同じものですけど、ちょっとこじゃれた言い方をすると「レインブーツ」です。

都会で電車通勤をしているOLさんにとって、もはや必需品になっていますよね。

レインブーツと言えば、防水性を高めるためにゴムを使って作られていることが多く、ゴツくて重いのが当たり前でした。この記事の筆者が数年前に購入したレインブーツも、支えがなくともしっかり自立するゴツいタイプ。

しかし世の中探せば、柔らかいラバーを使って丸められるタイプ(=携帯できる)のレインブーツもあります!

突然降りだすゲリラ豪雨に備えるには、やっぱり携帯できるグッズは便利!

メンズ・レディース両方のデザインがあるので、ビジネスマンから主婦まで幅広く使えます。

華奢なパンプスやサンダル、スーツに合わせたお気に入りの革靴は、このアイテムでゲリラ豪雨から守れ!!

雨が止んだ後の着替え用に!速乾Tシャツ

ゲリラ豪雨って、短時間で集中してザーッと降って、そのあとは何ごともなかったかのように止みますよね。

万が一、自宅から距離のある場所でゲリラ豪雨にあったら、びしょ濡れのまましばらく過ごさないといけなくなります。冷たいしジトッとするし、かなり不快です。

そんな事態に備えて、カバンに忍ばせておきたいのが着替えです。トップスからボトムスまでトータルで持ち歩くのは現実的ではありませんが、せめてトップスだけでも着替えられたら不快感は抑えられるもの。

豪雨が降った後のジメジメ感を少しでも和らげるために、速乾Tシャツがおすすめです。

ちなみに女性の方なら、ユニクロのブラトップシリーズも便利!

使えなくなったら死活問題!デバイスを守る防水ケース!

防水でないデバイスを濡らしてしまったあとの絶望感と言ったら、ハンパないですよね!

「バックアップ取ってあったっけなぁ・・・」
「大事な資料が・・・」
「まだ端末の支払い回数が残っているのに・・・」

ゲリラ豪雨によって、そんな絶望感にさいなまれないように、防水ケースでしっかりガードしておきましょう!

パソコン用防水ケースは、バッグインバッグにもなるタイプが使いやすいです。普段使っているバッグの中に収納できます。

スマホ用防水ケースは、海やプールなどの夏のレジャーにも活躍してくれますよ。

ゲリラ豪雨から子供を守ろう!役に立つ3つのグッズ

筆者は小学生の子供の母親ですので、ゲリラ豪雨と聞くと真っ先に「子供が学校の帰り道などに遭遇したら心配・・・」と思ってしまいます。

他にも、夏休み中、外に遊びに出ている最中に豪雨にあう・・・なんて可能性も考えられますよね。

大人と違って、携帯グッズをあれもこれも持ち運べないお子さん。

それでもなお、ゲリラ豪雨によるダメージを少なくするには、最小限の対策グッズは持たせてあげたいものです。

「簡単に着られる」がポイント!ランドセル対応レインコート

 

現役母親である筆者は断言できます。

子供にとって、大雨の時に本当に動きやすい雨具は「カッパ(=レインコート)」だ!!!と。

暑いとか、ダサいとか言っていやがることが多いんですけどね。しかしながら、ゲリラ豪雨の時は格好よりも身の安全のほうが優先!

急にザーッと降ってきたときにすぐ対応できるよう、着脱のしやすいタイプのレインコートを準備しておくのが安心です。

アウトドアブランドのものは、作りがしっかりしていて、機能性やデザイン、色にもこだわりのある傾向が強いです。

緊急時の連絡に!防水対応キッズ携帯

キッズ携帯

※画像はイメージ

親がそばにいない時に、子供がゲリラ豪雨にあったら・・・。親は心配なことはもちろん、お子さんだって心細いはずです。

そんな時に、すぐに無事を確認できる手段は携帯電話ですよね。

通話とGPSなど、最低限の機能が使えて、しかも防水加工のほどこされた携帯端末が、大手キャリア(au、softbank、docomo)から出ています。

機種代金と月々の利用料を含めて、毎月1000円前後のコストはかかりますが、安心を買っていると思えば安いものかもしれません。

もっとコストを抑えたい場合は、格安スマホに格安SIMを入れるのもひとつです。ただし、スマホに防水機能がついていない場合は、ゲリラ豪雨対策グッズとしては不安です。防水ケースに入れて持ち歩かせるなどの工夫をしておきたいですね。

筆者が子供の頃(20年以上前)と違って、町中に電話ボックスが見つからない時代です。

最も身近な災害であるゲリラ豪雨には、お子さんの無事がすぐに確認できる端末が必要になってきたと言えるでしょう。

そもそもゲリラ豪雨にあわないようにするための簡単な対策

ここまでは「ゲリラ豪雨が降ってきたときに外にいたら」のシチュエーションを前提にお話をしてきました。

しかし、そもそもならば、ゲリラ豪雨が降ってくる時間帯に外にいない方が安心ですよね。

そこで筆者は個人的に、スマホのアプリで異常気象の情報をキャッチしています。もっとも気に入っているアプリが、Yahoo!が提供している「防災速報」というものです。

防災速報

ゲリラ豪雨のみならず、注意したほうがいい自然災害全般について、情報が見られるアプリです。そして、かなり当たります(←個人的感覚)

住んでいる地域や、知らせてほしい情報をあらかじめ設定しておくと、スマホに通知してくれます。ゲリラ豪雨に至っては、降る10分前くらいにはかなりの確率で通知がきます。

防災速報

↑かなり細かく情報が更新されます

防災速報

↑私はほぼすべての災害に対して通知する設定にしています

避けられる難は、避けた方が良し!

そもそもびしょ濡れにならないようにするには、ゲリラ豪雨情報を先回りしてキャッチしておくことも大事です!

まとめ

雨

ゲリラ豪雨対策グッズの数々をご紹介しました!

たかが雨・・・とは言ってられないほどの勢いで降ってくる、近頃の夏の空。少しでも難を逃れるために、工夫をしていきたいですね。

豪雨情報には敏感に。そして、必要最低限の対策グッズはそろえておくのが安心です!

こちらの記事もあわせてどうぞ!↓

>>雷までの距離の測り方は簡単な計算で!実は〇〇キロ先でも危ない!?

>>ゲリラ豪雨と夕立の違い!似ているようで全然違うポイントがある!

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする