母の日!50代の母にネックレスを贈るなら、好みの〇〇は絶対押さえて!

ネックレス

毎年5月の第2日曜日は「母の日」ですね!

ラフな服装のお母さんにも、オシャレに敏感なお母さんにも、きっと喜ばれるプレゼントが「ネックレス」です。

手に付ける指輪やブレスレットは、家事や仕事のときに外さなければいけないかもしれませんが、ネックレスなら身に付けておけますもんね!

さて、ネックレスのようなアクセサリーを選ぶときには、

「年齢に合ったブランドなのかな?」
「どんなデザインが好みなのかな?」
「予算はどれくらいなのかな?」

といった疑問が浮かんできます。

そこで今回は、素敵なミセス世代である50代のお母さんにネックレスを贈る場合を想定して、ファッション誌などから好みや予算の傾向を探ってみました!

<この記事で参考にしたもの>

スタイリスト坂本陽子の上質大人カジュアルBOOK 著者: 坂本陽子
大人になったら、着たい服 2014秋冬 著者: 主婦と生活社


スポンサーリンク




50代のお母さんが好むネックレスのデザイン4種!

ダイヤ

50代の女性が好む雰囲気でよく挙げられるのが、「上品」「シンプル」「やりすぎない華やかさ」の3つです。

似合うものを自然に、サラッと身に付けるスタイルに、あこがれを持っている方が多いです。

そんな好みを叶えるネックレスのデザインは、次の4つのパターンです。

①シンプルデザイン

細めのチェーンに、ひとつだけ飾りがついたようなデザインのことです。

飾り自体も、小ぶりのダイヤや、チェーンと同じ素材で作られたモチーフなど、ジャラジャラ感を極力なくしたシンプルなものが好まれます。

普段着にも、スーツなどのお仕事着にも合わせられる、使い勝手のいいデザインです。

②パール

世代を問わず人気のパールは、もちろん50代のお母さん世代にも受け入れられています。

上質なパールは少々値が張りますが、流行り廃りを気にせず、娘さんやお孫さんに受け継ぐこともできます。

50代のお母さんなら、冠婚葬祭用ですでに持っていることも多いです。

デザインが被らないように、普段の服装に合わせやすい、ワンポイントであしらわれたものを選ぶのがいいですね!

③2Wayデザイン

  • ペンダントトップを付け替えて楽しめるもの
  • 長さの違うネックレスが2連になっていて、それぞれ独立して使えるもの
  • 普段用とお出かけ用がセットになっているもの

このように、服装や付けていく場所に応じて雰囲気を変えられるタイプのネックレスは、使い勝手の良さでお母さんたちに人気です。

プレゼントする際に使い方も教えてあげると、より一層喜ばれること間違いなし!

④誕生石

定番のダイヤももちろん喜ばれますが、お母さんの誕生月の石がついたネックレスなら、もっと喜ばれます!

なんせ、誕生日を知っている家族ならではのプレゼントだからです。

50代のお母さんが好む、「上品」「シンプル」「やりすぎない華やかさ」に注目しながら、誕生石があしらわれているものを選んでみるのもおすすめです。

各月の誕生石とその意味!

  • 1月:ガーネット・・・【石に込められた言葉】真実、友愛、忠実
  • 2月:アメジスト・・・【石に込められた言葉】誠実、心の平和
  • 3月:アクアマリン・・・【石に込められた言葉】沈着、勇敢、聡明
  • 4月:ダイヤモンド・・・【石に込められた言葉】永遠の絆、純潔、不屈
  • 5月:エメラルド・・・【石に込められた言葉】幸福、幸運
  • 6月:ムーンストーン・・・【石に込められた言葉】健康、長寿、富
  • 7月:ルビー・・・【石に込められた言葉】情熱、仁愛、威厳
  • 8月:ペリドット・・・【石に込められた言葉】夫婦の幸福、和合
  • 9月:サファイア・・・【石に込められた言葉】高潔、誠実、徳望
  • 10月:トルマリン・・・【石に込められた言葉】安楽、忍耐、落ち着き
  • 11月:トパーズ・・・【石に込められた言葉】希望、知性、繁栄
  • 12月:ターコイズ・・・【石に込められた言葉】成功、強運、開放

シンプル・パール系・2Way・誕生石

お母さんの雰囲気に合わせて、選んでみてください。

母の日のプレゼント ネックレスの予算はどのくらい?

ギフト

母の日のプレゼントにかける予算は、平均で3,000円~5,000円くらいです。

しかしながらネックレスの場合は、使っている素材によって値段がまちまち!

有名ブランドものや、ダイヤやプラチナなどをあしらったものなどは、数万円くらいの予算を見ておいた方がいいですね。

とはいえ、お財布と相談しながら無理のない範囲でプレゼントしましょう!

その方が、贈られる側のお母さんとしても、余計な気を遣うことなく受け取ることができます。

確かに、高価なものはそれなりにいい素材のものですし、劣化も遅いので長く使えるメリットがあります。

しかし!最終的にお母さんに表すのは、値段の高い安いではなく「ありがとうの気持ち」ですからね!

この記事を書いている筆者も2人の子供を持つ母親ですが、もし子供たちから母の日のプレゼントを受け取るとしても、

「コレ、いいでしょ?〇万円もしたんだよ!高級品だよ!」

と言われるより、

「いつもありがとう。たまにはオシャレして楽しんでね!」

と言われてプレゼントを受け取る方が、ずっと気持ちがいいです!

50代女性に人気のデザインを扱うブランドは?

50代、ミセス世代のお母さんの多くが好む雰囲気「上品」「シンプル」「やりすぎない華やかさ」

この3つの雰囲気を含むデザインのネックレスは、どんなブランドで購入できるのか?

ミセスがターゲットのファッション誌などでよく登場する、素敵なアクセサリーブランド5つをご紹介します。

①agete(アガット)

画像をクリックすると詳細が見られます↓

20代~50代の幅広い年齢層に人気のageteは、シンプルでありながらも個性の光るデザインが魅力のブランドです。

普段着にちょっとアクセントを効かせる感覚でつけてもよし、結婚式などのお祝いの席につけてもよし!

小ぶりなため仰々しくならず、使うシーンを限定しない万能ネックレス!

②Tiffany(ティファニー)

画像をクリックすると詳細が見られます↓

アクセサリーと言えば!の王道ブランド「Tiffany」

ハートを形どった「オープンハート」が代表的ですが、50代のお母さんなら、さらに上品な雰囲気のモチーフがおすすめです。

③スワロフスキー

画像をクリックすると詳細が見られます↓

キラッキラでゴージャスなイメージがあるスワロフスキー。

しかしながら、こんなにシンプルなデザインのネックレスもあります。

お値段は比較的やさしめながらも凝ったデザインで、人とは違ったアイテムが好きな方にはおすすめ。

④CHAN LUU(チャンルー)

画像をクリックすると詳細が見られます↓

エスニックやアンティークテイストが漂う、個性的なデザインのブランドです。

フォーマルよりも、普段のカジュアルな服装にサラッと合わせたいネックレスです。

手首に重ねるようにして巻けば、ブレスレットにもなります!2Wayで使えるのが魅力!

⑤ヴァンドーム青山

画像をクリックすると詳細が見られます↓

プラチナや18金など上質な素材を使いつつも、日常に気負うことなく使えるデザインのアクセサリーブランドです。

ワンピースやシャツなど、女性らしい清潔感のある服装が好きなお母さんに、ぜひつけてもらいたいネックレスですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

50代のお母さんがあこがれる「上品」「シンプル」「やりすぎない華やかさ」の雰囲気を持ったアクセサリーブランド5つをご紹介しました。

プレゼント選びの参考にして下さいね!

まとめ

カーネーション

いつも忙しいお母さんに、母の日は「オシャレのプレゼント」を!!

手仕事に邪魔されず、いつも身に付けていられるネックレスなら、贈る方も贈られる方も、嬉しい気持ちになります。

今年の母の日はカーネーションと共に、キラリと光るネックレスで、お母さんを笑顔にしましょう!

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

>>母の日に帽子をプレゼント!50代が好む色・顔の形別おすすめタイプ

>>母の日は世界共通!?みんなママが大好きだった!!

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする